静岡県浜松市の医療・介護

静岡県浜松市の医療・介護

よくあるご質問

申し訳ございません、
該当する質問が見当たりませんでした。
再度異なるキーワードで検索いただくか
検索をリセットしてご覧ください。

訪問診療

訪問診療はどのようなサービスですか?
医師が定期的にご自宅等に訪問して診察する医療サービスです。緊急時も安心の24時間・365日対応で必要に応じて臨時往診や入院先の手配なども行います。
訪問診療はどのような人が利用できますか?
寝たきりの方、またはご自宅で療養中の方等、ご自身で通院できない方が訪問対象です。
訪問診療はどのようにして申し込みますか?
まずは坂の上ファミリークリニック(053-416-2164)へお電話ください。その後、坂の上ファミリークリニックの外来で初回面談・料金説明を受けていただいてから初回の訪問日が決まり、訪問診療が開始となります。
訪問診療を利用するとどのくらいお金がかかりますか?
患者様の医療保険負担割合・疾患・身体状態等で異なりますが、医療保険負担割合が1割で1ヶ月に2回の訪問診療の場合ですと、おおよそ7,000円となります。その他、医療機器の使用や検査等を実施っした場合は、別途料金がかかります。
夜間や休日の緊急時はどうしたらいいですか?
24時間・365日対応しておりますので、急変時やご不安な時は坂の上ファミリークリニックへお電話ください。
緊急時はすぐに来てもらえますか?
浜松市全域を対応しておりますのですぐに伺うことは難しい場合もございます。到着までの時間は、お電話にて適切なサポートをさせて頂きますのでご安心ください。

外来診療

診察の予約はできますか?
当院は予約制ではありません。ただし発熱外来や検査内容によっては、あらかじめお電話にてご連絡をいただいたうえで来院いただいています。
外国語での受診はできますか?
日本語の不得手な方は、安全な医療を提供するため、通訳のできる方の付き添いをお願いしています。
予防接種の受け方を教えてください。
予約が必要なものもあります。電話でお問い合わせください。
健康診断の受け方を教えてください。
検診の内容によって予約の必要なものがございます。電話でお問い合わせください。特定検診は予約が必要。がん検診は予約が不要です。
健康診断の二次検査の受け方を教えてください。
内容によって予約の必要なものがございます。当日実施できる検査と、予約または食事制限の上で改めて来院いただく検査があります。また結果につきましても後日の説明になる場合があります。
風疹の抗体検査の受け方を教えてください。
予約は不要です。直接お越しください。
クレジットカードで支払いできますか?
お支払いは現金のみとなっております。

入院

入院とショートステイの違いはなんですか?
入院はいわゆる医療保険を活用したサービスになります。ショートステイは介護保険を活用したサービスになります。状態が安定している方はショートステイ(介護保険)、状態が不安定な方は入院(医療保険)となります。
料金はいくらですか?
負担割合などによりますが、後期高齢者1割負担ですと、入院(医療保険)で3,000円~4,000円程度です。入院(医療保険)においては、医師の指示の基、様々な検査を行う可能性もあり、負担割合に応じた料金が発生します。また手ぶらセット(CSセット、オムツプラン)も準備しており、加入される場合は、料金が発生します。詳細はお問い合わせください。
送迎は行っていますか?
入院の場合、行っていません。自家用車や介護タクシーなどをご活用ください。
どのような方が入院できますか?
当法人のかかりつけ患者様以外でも、紹介状を準備いただければ入院することは可能です。まずは紹介状をご準備ください。かかりつけ医がいない場合など不明な点はお問い合わせください。またどのような患者様でも入院のご相談を受け付けております。お気軽にご相談ください。
長期の入院はできますか?
当院は療養型病院ではないため、出来ません。状態が安定された方は退院となります。在宅での生活が困難な場合は、次の療養先についてご相談させて頂きます。

訪問看護

訪問看護とはどのようなサービスですか?
病気や障害があっても、住み慣れたご自宅で自由に生活したい。そんな皆様の想いを、看護の側面から支援するサービスが訪問看護の役割です。ご本人やご家族が、安心して毎日を過ごしていただくため、在宅生活をより快適にするためのアドバイスまたは、ご自宅で最期を迎えたいという方への支援など状況に応じて提案・対応していきます。ご自宅での看取りも多く行われています。
どんな時に訪問看護は必要ですか?
病気や障害を持ちながら自宅で過ごしたいと思っている方が安心して過ごすために利用していただけます。普段の様子を知り、不調になったことを察知できるような定期的な健康観察ができます。
医療機器(在宅酸素、点滴、IVHなど)を使用している時、介護に不安な時、自宅で最期を迎えたい時などに訪問看護が必要になります。
どんな人が訪問看護を受けられるの?
主治医(かかりつけ医)が訪問看護が必要であると認めたすべての人が訪問看護を受けることができます。訪問看護を希望される方は、主治医や担当ケアマネージャーさんに相談してください。主治医も担当ケアマネージャーもいない時は訪問看護ステーションに相談してください。
ヘルパーさんとの違いはなんですか?
医療行為(点滴、注射、創の処置、吸引、酸素管理、服薬管理など)はもちろんのこと、利用者さんの病気・病状などに合わせた生活スタイルを一緒に探していきます。シャワーや清拭(からだ拭き)などをしながら皮膚の状態(床ずれや脱水など)を見ています。排泄の管理(便秘などへの対応)や療養環境の整備(からだの状態に合わせた部屋のレイアウトなど)またご家族の話し相手になったり、相談に乗ったり、医師、薬剤師、ケアマネージャー、ヘルパー、他施設、多職種間の調整役を務めたりします。

在宅サービス

どうすれば利用できますか?
要介護認定(要支援1~2,要介護1~5)を受けている方が対象です。担当のケアマネジャーにご相談ください。
用意するものはありますか?
お着替えとバスタオルを1枚ご用意ください。入浴中に使用するタオル類、シャンプー、石鹸類はこちらで用意いたします。
どこで入浴するのですか?
居室、ベッド横などに特殊浴槽を設置し入浴介助を行います。約畳2畳のスペースがあれば入浴可能です。
身体への負担はありますか?
入浴時間や湯温などを調整し、体への負担が少ないように入浴します。また、寝浴のため、心臓への負担も少ないです。看護師が同行しており、入浴前後の体調観察を行っております。
家政婦との違いはなんですか?
訪問介護は有資格者がケアプランにより定められた仕事を行うものです。介護保険法に基づき、可能な限り、ご自宅において自立した生活を営むことを支援します。
どんな資格を持っているの?
介護福祉士、介護職員実務者研修、介護職員初任者研修です。介護のプロフェッショナルが訪問します
どんなことをお願いできますか?
訪問介護のサービス内容は介護保険制度で定められています。予め作成されたケアプランに沿って、ご利用者様一人ひとりに必要なサービスを提供します。まずは担当のケアマネジャーにご相談ください
訪問ヘルパーの指名はできますか?
原則として職員の指名や固定はできませんが、ご意向はお伺いします。また、どの職員が訪問しても同じように支援できるよう、情報共有を徹底し、ケアの統一を図ります。

訪問リハビリ

1回のサービス提供時間はどのくらいですか?
40分または60分です。
毎日でも訪問してくれるんですか?
1)退院直後3ヶ月は週合計240分まで訪問できます。例)40分訪問の場合6日、60分訪問の場合4日。
2)そうでない方は週合計120分まで訪問出来ます。例)40分訪問の場合3日、60分訪問の場合週2日
※注意!他の介護保険サービスを併用している場合、介護保険の限度額内に限ります。ケアマネジャーにご相談ください
訪問リハビリをしたいとき誰に頼めばいいですか?
主治医またはケアマネジャーに依頼してください。※主治医が坂の上ファミリークリニック以外の場合はご相談ください。
1回の利用金額はいくらですか?
訪問リハビリのご利用料金表をご参照ください。
すぐに利用したいです。サービスに入ってくれますか?
以下の流れを経て開始となります。
1)まずケアマネジャーさんにご相談ください。
2)主治医の許可を取ります。
3)2)後、訪問リハビリと契約。
4)訪問リハビリ開始となります。
5)医師と共にリハビリ会議を開催します
介護保険の限度額がいっぱいなので、医療保険で利用できますか?
介護保険を利用している方は医療保険での訪問リハビリサービスは利用できません。介護保険の限度額以上となる場合、自費サービスとなります。

通所リハビリ

どうすれば利用できますか?
要介護認定(要支援1~2,要介護1~5)を受けている方が対象です。担当のケアマネジャーにご相談ください。
デイサービスとの違いはなに?
デイサービスは通所介護といい、入浴や食事など日常生活に必要な介助、機能訓練を行い、利用者の心身の機能の維持向上、社会的孤立感の解消、また利用者家族の身体的、精神的負担の軽減を図るサービスです。一方通所リハビリテーションはデイサービスと同様の基本サービスに加え理学療法士や作業療法士などの専門職が配置され、リハビリテーションによる心身の機能維持向上に重点が置かれています。
リハビリってなにをするのですか?
歩行訓練、筋力増強訓練、関節可動域訓練、言語訓練や日常生活動作の練習などを理学療法士、作業療法士等が個別のプログラムを作成し実施しています。
体験利用はありますか?
常時受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
1日の利用時間はどのくらいですか?
営業時間は9:15~16:15となります。送迎も行っています。お迎えには7:45~順次お伺いしています。
定員は何名ですか?
30名です
お休みの日はありますか?
日曜と年末12/30~1/3と5/3~5/5がお休みとさせていただいています
車椅子を使用していても利用できますか?
車椅子使用でも送迎可能な車も準備していますので、ご安心ください。
医療行為が必要ですが利用できますか?
経管栄養や胃瘻栄養、インシュリン注射等の医療行為があっても看護師が常駐していますので利用可能です。ただし、利用日の相談はさせていただくことがあります。

介護付き有料老人ホーム

空室ありますか?どのくらい待ちますか?
おおよそ1~3ヶ月程度お待ちして頂く可能性があります。待機場所として、法人内の施設をご案内させて頂いております。
他の入居者との交流はありますか?
毎日のレクリエーションがありますので他の入居者様と一緒に取り組んで頂きます。またお食事は食堂で召し上がって頂きますので、会話などしながらゆっくり過ごされている方もいらっしゃいます。
外泊や外出は可能ですか?
可能です。身元保証人様の同意と届出をご記入頂く必要があります。(コロナウイルス感染症流行のため現在は中止とさせていただいております。)
他の病院に通院していますが、入居したら通院せず坂の上で診察してもらえますか?
可能ですが、入居後当法人の医師も月2回の訪問診療にお伺いさせて頂きます。
最期(看取り)まで生活できますか?
可能です。ほとんどの入居者様は、医療が充実している当施設を終の棲家として選んで頂いております。

住宅型有料老人ホーム

介護保険の認定を受けていませんが入居は可能ですか?
介護保険の認定を受けている方が入居対象となります。介護保険の対象外で身体障害者手帳をお持ちの方はご相談ください。
介護保険の認定は受けていますがケアマネジャーがいませんが入居できますか。
法人で居宅介護支援事業所を有していますのでご、ご希望されれば相談可能です。
入居後にケアマネジャーの変更は必要ですか?
入居前のご家族様、ご本人様との関係もありますので必ず変更する必要はありません。
入居後、面会や付き添いはできますか。
健康観察票を同居されているご家族様全員に2週間つけていただくことが前提となります。その上で、面会の予約をしていただきご面会いただきます。付き添については個別で対応させていただきます。詳細は直接ご相談ください。新型コロナウィルスの感染状況によって対応がその都度変わりますのでご了承ください。

介護老人保健施設

どのくらいの期間、入所できますか?
入所期間は、個々のご事情に配慮しています。在宅生活の準備が整うまでの間、あるいは、次の生活施設に入居できるまでの間、ご利用いただけます。短い方で1~3ヶ月、長い方で数ヶ月~1年以上とさまざまですが、終身利用が目的の入所はできません。数日~1ヶ月未満の場合は、ショートステイでのご利用となります。なお、老健を退所して在宅生活に戻られた後に一定の期間が空くと、繰り返し入所ができます。リハビリを続けていく方法として、いろいろな組み合わせ方をご提案できますので、お気軽にご相談ください。
今後、在宅生活に戻れるか、それとも施設入所を考えた方がよいか、迷っています。在宅が目標でないと、老健の入所はできませんか?
目標が定まっていなくても大丈夫です。入所後、ご本人のお身体の状態やリハビリの経過、ご家族の状況等を確認しながら、専門スタッフと一緒に考えていくことができます。在宅介護の方法から施設の選び方まで、丁寧にサポートしていきます。
リハビリはどのくらいできますか?
専門のリハビリスタッフが行う個別リハビリは、1回につき20分程度、入所後3ヶ月間は週5~8回、それ以降は週3回を継続していきます。理学療法士(PT)や作業療法士(OT)が中心となり行いますが、ご状態やご希望により言語聴覚士(ST)による言語訓練を組み合わせることもできます。それぞれのご意向や目標、お身体の状態に合わせてリハビリ内容を決めていきます。
老健入所中は、他の病院にはかかれないのですか?
入所中の体調管理や薬の処方等は、老健の担当医が担います。その上で、老健の担当医が必要と判断した場合は、医療機関への受診も可能です。制度上、老健入所中に医療機関へ受診する場合、一部検査や処方等について医療保険が適用されず、老健が10割支払うこととなっています。入所には、特別な治療や検査を目的とした通院がなく、リハビリのできる安定したご状態であることが必要となります。
入所中の面会はできますか?
通常であれば、毎日8時30分~20時まで自由に面会できますが、現在は新型コロナウィルスの感染状況に応じて、面会方法は随時変更(短時間の対面での面会や、リモート面会等)させていただいています。詳細は直接お問い合わせください。

ショートステイ(坂の上ろうけん曳馬野)

送迎はしてもらえますか?
月~土曜日の送迎が可能です。送迎距離によって実費をいただく場合があります。
ショートステイはどのくらい利用できますか?
1泊2日から1ヶ月未満の範囲で利用可能です。まずは、担当のケアマネジャー様に利用期間や回数についてご希望をお伝えください。ケアマネジャー様から当施設に連絡が入り、空床状況をみながらご相談に応じていきます。
長期間のショートステイはお願いできますか?
利用期間が1ヶ月を超える場合は、入所でのご利用となります。入所であれば、料金について限度額を超える心配はありません。
ショートステイでもリハビリはできますか?
もちろん可能です。希望される方には、月~土曜日に個別リハビリ(1日1回20分程度)を実施しています。
医療ケアが必要ですが、ショートステイの利用はできますか?
医療ケア(例えば、インシュリン注射、経管栄養、在宅酸素等)が必要な方もご利用できます。ただし、ご状態や施設の状況によって難しい場合もありますので、詳細はご相談ください。

ショートステイ(坂の上在宅医療支援医院)

料金はいくらくらいですか?
ショートステイ(介護保険)は、4,000円前後になります。
入院とショートステイの違いはなんですか?
ショートステイは介護保険を活用したサービスになります。状態が安定している方はショートステイ(介護保険)、状態が不安定な方は入院(医療保険)となります。
送迎は行っていますか?
ショートステイ(介護保険)の場合のみ行っています。送迎範囲、曜日、時間帯についてはご相談させてください。入院(医療保険)の場合、行っていません。自家用車や介護タクシーなど活用してください。

居宅介護支援

ケアマネジャーはどんなことをする人ですか?
ケアマネジャー(介護支援専門員)は、介護を必要とする方が適切な介護サービスを受けられるように、ケアプラン(サービス計画書)の作成やサービス事業者との調整を行う、介護保険に関する専門家です。お身体や生活全般の状況、ご希望に応じて、デイサービス、訪問介護、施設などの手配、調整を行います。また、介護保険でサービスを利用するには、市町村に要介護認定を申請する必要があります。必要に応じてケアマネジャーがご本人やご家族の代わりに要介護申請の手続きを代行します。
ケアマネジャーへの相談に料金がかかりますか?
要介護の認定を受けられた方へのケアプラン作成、ご相談等は全額、介護保険から給付されるため自己負担はありません。
ケアマネジャーをどうやって見つけるのですか?
市町村の窓口や地域包括支援センターにお問い合わせください。お近くの居宅介護支援事業所(ケアマネジャーの事業所)を紹介してもらえます。当法人のケアマネジャーをお探しの場合は、「坂の上暮らしの相談所」にお気軽にご連絡ください。
「坂の上暮らしの相談所」に直接相談に行ってもいいですか?
はい。予約制ではございませんので、平日の開所時間内にいつでもお越し下さい。
他の会社の施設や介護サービスを使っても大丈夫ですか?
はい。当法人の施設やサービスを使わなくても全く問題ありません。ケアマネジャーはご利用者様にとって最適なサービス提供事業者をご案内します。安心してご要望をお聞かせください。

医療・介護相談

いろいろ医療処置が必要な状態ですが、訪問診療は来てもらえますか?
坂の上ファミリークリニックでは、複数の医師が訪問診療に携わっており、かなり幅広く対応しています。訪問看護とも連携しているので、ご安心ください。
本人の体調が思わしくなく、家での療養が大変です・・・。
急性期病院へ入院する必要まではなくても、ご本人様が体調不良だと一般的にショートステイの利用は難しくなります。そのような時は、在宅療養をサポートする有床診療所「坂の上在宅医療支援医院」の入院をご利用ください。
ショートステイは施設で違いはあるのですか?
ショートステイには「生活介護(生活系)」と「療養介護(医療系)」の2種類があり、当法人には医療系ショートが2つあります。
坂の上在宅医療支援医院は「医療依存度が高く、療養場所としてのショートステイ」、坂の上ろうけん曳馬野は「身体機能の維を目標としたリハビリのあるショートステイ」です。ご状態や目的に合わせて選ぶことができます。
入所ができる施設はありますか?
当法人の入所施設には「住宅型有料老人ホーム 坂の上メディガーデン半田山」、「介護付き有料老人ホーム 坂の上ガーデン幸」、「介護老人保健施設 坂の上ろうけん曳馬野」がございます。それぞれの施設に特色があり、ご本人様のご状態やご家族様のご希望、事情等で入所施設の選び方が変わりますので、詳細はお問い合わせください。また、ご相談内容に応じて、地域にある他の介護施設をご紹介することも可能です。
退院後もリハビリを続けていくには、どういう方法がありますか?
当法人には、リハビリスタッフが自宅に訪問して行う「訪問リハビリ」、日帰りで行う「通所リハビリ」、1~3ヶ月間入所して行う「老健入所での短期集中リハビリ」、数日お泊りしながら行う「老健ショートステイでのリハビリ」と、さまざまな方法があり、組み合わせることもできます。また、ST(言語聴覚士)によるリハビリもご相談いただけます。

栄養食事指導

訪問栄養指導って何をしてくれるの?
栄養・食事に関すること全般です。低栄養予防・改善、生活習慣病予防・改善、経管栄養に対するお悩み、適正栄養量の見直し、褥瘡治癒、排便コントロール、キッチンをお借りしての食形態に合った食事の調理指導、献立提案など、ご本人・ご家族様のご要望をお聞きし、お一人お一人に合わせたやり方で行わせて頂きます。
料金はどのくらい?
基本的には介護保険を利用し、1割負担の方で1回¥544になります。月に2回まで利用可能です。
どうやったら受けられる?
基本的に医師の指示が必要となります。主治医が必要と感じ、ご家族に提案、ご本人やご家族から医師や看護師、ケアマネジャーを通して主治医に許可を得ることもできます。
サービス紹介
サービス紹介
法人紹介
法人紹介