静岡県浜松市の医療・介護

静岡県浜松市の医療・介護
診療サービス

新型コロナ感染症について

新型コロナ感染症への当院の対応

当院に来院の患者様へ
新型コロナウイルス感染症に関するご協力のお願い

新型コロナウイルス感染症が拡大しています。感染拡大防止のため来院時には、下記の対応をお願いいたします。

  • 手洗い
  • マスクの着用(マスクは事前に準備の上、ご来院をお願いします)

また発熱等があり不安のある方は、直接来院せずに事前に当院にお電話でご連絡をお願いします。
症状により、待ち時間を車で待機していただく場合がございますのでご了承ください。また患者様のご希望で、待ち時間をお車で過ごしていただくことも可能です。受付でお申し出ください。

発熱・倦怠感・呼吸器症状がある場合

次の症状がある方は「帰国者・接触者相談センター」にご相談ください。病院に直接来院せず、下記の相談センターへ連絡し、その指示に従って行動してください。

  • 風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いてる(解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)
  • 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある
  • 高齢者や基礎疾患等のある方は、上の状態が2日程度続く場合

患者様・ご利用者様・お取引様へのお願い

新型コロナウイルス対策として「検温」と「健康観察票」の記入をお願いいたします。

健康観察表は、下記よりダウンロードできます。朝と夜に検温および健康状態を観察票に記載をお願いします。

お知らせ

令和3年11月2日

ご利用者様ならびにご家族様

医療法人社団 心 理事長 小野 宏志
リスクマネジメント委員会委員長 青木 茂

医療法人社団心 施設・診療所の面会・外出・外泊について

11月2日現在静岡県では 警戒レベル2(県内注意・県外注意)となっており、全国的にも新規陽性者の減少傾向が続いています。
この状況を鑑みて、面会・外出・外泊に関して以下のように変更いたします。
尚、今後の感染状況に応じて、対応を変更する場合がありますので、適宜当法人のホームページをご覧いただくか、各施設職員までお問い合わせください。引き続き、皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

ご面会について
  1. 引き続き、面会はすべて予約制とします。
  2. 面会をする方の感染の有無・可能性を確認するため、同居家族も含めて2週間の健康観察票の記録を持参ください。職員が確認させていただきます。
  3. 面会は、ワクチンを2回接種が終了している方とします(ワクチン接種の記録がわかるものをご持参ください)。
  4. 感染予防として、利用者、面会者全員のマスク着用、面会者の検温、手洗い、手指消毒をお願いします(フェイスシールドの着用は必要なしとします)。
  5. 利用者の感染のリスクを下げるため、15分以内3名までの面会とします。マスクを正しく着用できない方はご遠慮ください。
  6. 施設内での移動は、職員の指示に従ってください。また、トイレ等をご利用いただくことはご遠慮ください。
  7. 面会場所以外の移動はご遠慮ください。
  8. マスクをはずす行為は感染リスクが非常に高くなるため、飲食は絶対にしないでください。
外出・外泊について

下記の条件を守っていただいたうえで、外出・外泊(1泊のみ)は可とさせていただきます。

  1. 外出先、外泊先は感染リスクの低い場所(人との距離がとりやすく換気している場所)や自宅とし、外出先、外泊先で接触する人は2週間の健康観察とワクチン接種が済んでいる人であることを条件とします。
  2. 外泊中においても、朝晩の検温等健康観察を記録願います。
  3. 外泊・外出を予定していても、ご本人や同行予定者に発熱等の症状があれば中止してください。
  4. 「密」の場面は避けていただき、飲食の場面等では十分気を付けてください。
  5. ワクチン接種を済ませ2週間の健康観察をしている方以外との食事は避けてください(12歳以下の方との食事も避けてください)。会食や大人数(5人以上)で会う機会は控えていただきますようお願いいたします。
  6. マスクを外す飲食時に感染する機会が多いことをご理解ください。そのため外食は、テイクアウトにできないか検討してください。「感染症対策」を実施しているお店を選択し、できる限り個室を利用してください。
  7. 外泊、外出の際は、接する人を含めてマスク着用・手洗い等手指消毒・咳エチケット・常時換気に十分留意していただくようお願いします(マスクはお互いに装着していただき、マスクを外した状態での談笑は控えてください)。
  8. 会話するときは、大きな声を出さずになるべく距離を保持するようにしてください。対面での接触や至近距離での会話をなるべく避けるようにしてください。
  9. タオルの共用等は避け、ペーパータオル等を利用してください。
  10. 鼻水や、唾液などのついたごみが感染源とならないように、適宜ビニール袋に入れて密閉して廃棄するなど十分留意してください。
  11. 外泊・外出中、トイレ等不特定多数が接触する場所や共有スペースの物品(テーブル・椅子等)は、必要に応じてこまめにアルコール消毒、界面活性剤や次亜塩素酸ナトリウム0.05%水溶液による正式消毒を行ってください。

令和3年9月21日

施設ご利用者 ご家族 各位

医療法人社団 心 理事長 小野 宏志
リスクマネジメント委員会委員長 青木 茂

医療法人社団 心 施設・診療所の面会について

日頃は、当社団の施設運営に対して、ご理解・ご協力をいただき、誠にありがとうございます。
9月21日現在、静岡県では警戒レベル6(厳重警戒)ですが、市内の感染者数は減少に転じています。少しでも早く、ご利用者様のためにも面会を再開したいと考え、コロナウイルスワクチンを2回接種し2週間を経過した浜松市内在住の方の面会を再開したいと思います。
浜松市内の方でも、面会の際には、下記の条件をよくご理解いただき、感染拡大予防のためご協力をよろしくお願いいたします。特に健康観察票は、引き続き実施していただくことをお願いいたします。

ご面会について
  1. すべて予約制とします。予約時、以下の項目にご協力いただけない場合は、面会をお断りする事をご承知ください。
  2. 面会をする方の感染の有無・可能性を確認するため、同居家族も含めて2週間の健康観察票の記録を持参ください。職員が確認させて頂きます。また、面会する方が、感染者との接触の機会の有無・県外への移動の有無・感染流行地区からの帰省者の有無・三密の施設滞在の有無も確認し、状況により面会を控えて頂くことがございます。
  3. ワクチン接種の記録がわかるものをご持参ください。
  4. 感染予防として、利用者、面会者全員のマスク着用、面会者の検温手洗い手指消毒フェイスシールド着用をお願いします。
  5. 利用者の感染のリスクを下げるため、15分以内3名までの面会とします。マスクを正しく着用できない方はご遠慮ください。
  6. 施設内での移動は、職員の指示に従ってください。また、トイレ等をご利用いただくことはご遠慮ください。
  7. 面会場所以外の移動はご遠慮ください。
  8. マスクをはずす行為は感染リスクが非常に高くなるため、飲食は絶対にしないでください。

令和3年8月18日

施設ご利用者 ご家族 各位

医療法人社団 心 理事長 小野 宏志
リスクマネジメント委員会委員長 青木 茂

医療法人社団 心 施設・診療所の面会について

日頃は、当社団の施設運営に、ご理解・ご協力をいただき、誠にありがとうございます。
8月20日より、静岡県では緊急事態宣言による措置が実施されます。
8月18日現在、浜松市内では感染者の増加、自宅療養者の増加が顕著です。
人流を減らし、施設、診療所での感染を防ぐために、当面の間、ご家族様の面会、利用者様の外出、外泊について、中止とさせていただきます。
ご理解とご協力をどうぞよろしくお願いいたします。

令和3年8月3日

施設ご利用者 ご家族 各位

医療法人社団 心 理事長 小野 宏志
リスクマネジメント委員会委員長 青木 茂

医療法人社団 心 施設・診療所の面会について

日頃は、当社団の施設運営に対して、ご理解・ご協力をいただき、誠にありがとうございます。
7月30日、静岡県では警戒レベル5に引き上げられ、県外すべての地域への移動の自粛、この地域からの移動の自粛を要請しています。(今後の警戒レベル変更により地域は変わります)
県外からの面会訪問は、避けていただけますようお願い申し上げます。

また、県内の感染者急増、感染経路などを鑑み、8月末までの間、浜松市内以外からの面会もご遠慮いただけますよう、お願いいたします。
9月以降は、感染状況などを踏まえて面会の状況を変更したいと考えています。

浜松市内の方でも、面会の際には、下記の条件をよくご理解いただき、感染拡大予防のためご協力をよろしくお願いいたします。特に健康観察票は、引き続き実施していただくことをお願いいたします。

ご面会について
  1. すべて予約制とします。予約時、以下の項目にご協力いただけない場合は、面会をお断りする事をご承知ください。
  2. 面会をする方の感染の有無・可能性を確認するため、同居家族も含めて2週間の健康観察票の記録を持参ください。職員が確認させて頂きます。また、面会する方が、感染者との接触の機会の有無・県外への移動の有無・県外からの帰省者の有無・三密の施設滞在の有無も確認し、状況により面会を控えて頂くことがございます。
  3. 感染予防として、利用者、面会者全員のマスク着用、面会者の検温手洗い手指消毒フェイスシールド着用をお願いします。
  4. 利用者の感染のリスクを下げるため、15分以内3名までの面会とします。マスクを正しく着用できない方はご遠慮ください。
  5. 施設内での移動は、職員の指示に従ってください。また、トイレ等をご利用いただくことはご遠慮ください。
  6. 面会場所以外の移動はご遠慮ください。
  7. マスクをはずす行為は感染リスクが非常に高くなるため、飲食は絶対にしないでください。
外出・外泊について
  1. 飲食の場面での感染リスクが非常に高いことから、外泊は中止といたします。
  2. 外出についても8月いっぱいは、中止とさせていただきます。

令和3年7月30日

施設ご利用者 ご家族 各位

医療法人社団 心 理事長 小野 宏志
リスクマネジメント委員会委員長 青木 茂

医療法人社団 心 施設・診療所の面会について

日頃は、当社団の施設運営に対して、ご理解・ご協力をいただき、誠にありがとうございます。
7月30日現在、静岡県では警戒レベル5に引き上げられ、県外すべての地域への移動の自粛、この地域からの移動の自粛を要請しています。(今後の警戒レベル変更により地域は変わります)
県外からの面会訪問は、避けていただけますようお願い申し上げます。

高齢者施設に入ることのリスクをお考えの上、行動していただければと存じます。
尚、今後の感染拡大の状況によっては、法人独自の判断で、面会を中止する可能性があることをご承知おきください。
面会の際には、下記の条件をよくご理解いただき、感染拡大予防のためご協力をよろしくお願いいたします。特に健康観察票は、引き続き実施していただくことをお願いいたします。

ご面会について
  1. すべて予約制とします。予約時、以下の項目にご協力いただけない場合は、面会をお断りする事をご承知ください。
  2. 面会をする方の感染の有無・可能性を確認するため、同居家族も含めて2週間の健康観察票の記録を持参ください。職員が確認させて頂きます。また、面会する方が、感染者との接触の機会の有無・県外への移動の有無・感染流行地区からの帰省者の有無・三密の施設滞在の有無も確認し、状況により面会を控えて頂くことがございます。
  3. 感染予防として、利用者、面会者全員のマスク着用、面会者の検温手洗い手指消毒フェイスシールド着用をお願いします。
  4. 利用者の感染のリスクを下げるため、15分以内3名までの面会とします。マスクを正しく着用できない方はご遠慮ください。
  5. 施設内での移動は、職員の指示に従ってください。また、トイレ等をご利用いただくことはご遠慮ください。
  6. 面会場所以外の移動はご遠慮ください。
  7. マスクをはずす行為は感染リスクが非常に高くなるため、飲食は絶対にしないでください。
外出・外泊について
  1. 飲食の場面での感染リスクが非常に高いことから、外泊は中止といたします。
  2. 同様に、外出時に共にご飲食をすることも禁止とさせていただきます。
  3. 外出時に立ち寄られたところを記録して、施設にご報告ください。
  4. 外出は、なるべく短時間でお願いします。

令和3年4月9日

施設ご利用者 ご家族 各位

医療法人社団 心 理事長 小野 宏志
リスクマネジメント委員会委員長 青木 茂

医療法人社団 心 施設・診療所の面会について

日頃は、当社暖の施設運営に対して、ご理解・ご協力をいただき、誠にありがとうございます。
4月9日現在、静岡県では警戒レベル4が継続され、以下の地域への移動の自粛、この地域からの移動の自粛を要請しています。(今後の警戒レベルの変更により地域は変わります)

まん延防止等重点措置地域
仙台市、東京23区、八王子市、立川市、武蔵野市、府中市、調布市、町田市、京都市、大阪市、神戸市、西宮市、尼崎市、芦屋市、那覇市、浦添市、宜野湾市、沖縄市、うるま市、名護市、糸満市、南城市、豊見城市

独自の外出自粛等を発出している地域
宮城県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、沖縄県、札幌市、山形市、寒河江市、松山市

感染が拡大している、上記都市県からの県内訪問は、避けて頂きますようお願い申し上げます。

高齢者施設に入ることのリスクをお考えの上、行動していただければと存じます。
尚、今後の感染拡大の状況によっては、法人独自の判断で、面会を中止する可能性があることをご承知おきください。
面会の際には、下記の条件をよくご理解いただき、感染拡大予防のためご協力をよろしくお願いいたします。特に健康観察票は、引き続き実施していただくことをお願いいたします。

ご面会について
  1. すべて予約制とします。予約時、以下の項目にご協力いただけない場合は、面会をお断りする事をご承知ください。
  2. 面会をする方の感染の有無・可能性を確認するため、同居家族も含めて2週間の健康観察票の記録を持参ください。職員が確認させて頂きます。また、面会する方が、感染者との接触の機会の有無・県外への移動の有無・感染流行地区からの帰省者の有無・三密の施設滞在の有無も確認し、状況により面会を控えて頂くことがございます。
  3. 感染予防として、利用者、面会者のマスク着用、面会者の検温手洗い手指消毒フェイスシールド着用をお願いします。
  4. 利用者の感染のリスクを下げるため、15分以内3名までの面会とします。マスクを正しく着用できない方はご遠慮ください。
  5. 施設内での移動は、職員の指示に従ってください。また、トイレ等をご利用いただくことはご遠慮ください。
  6. 面会場所以外の移動はご遠慮ください。
  7. マスクを外す行為は感染リスクが非常に高くなるため、飲食は絶対にしないでください。
外出・外泊について
  1. 飲食の場面での感染リスクが非常に高いことから、外泊は中止といたします。
  2. 同様に、外出時に共にご飲食をすることも禁止とさせていただきます。
  3. 外出時に立ち寄られたところを記録して、施設にご報告ください。
  4. 外出は、なるべく短時間でお願いします。
医療や介護の
お悩みはありませんか?
医療や介護のどんなことでも
ご相談いただける体制を
整えています
医療・介護相談について
詳しく見る
サービス紹介
サービス紹介
法人紹介
法人紹介